2018年8月 コンペ受賞「芦屋市役所公光分庁舎北館1階の改修にむけたワークショップ企画・運営及び設計施工業務委託」

froghouse/ 9月 5, 2018/ Media

「芦屋市役所公光分庁舎北館1階の改修にむけたワークショップ企画・運営及び設計施工業務委託」コンペ受賞

■コンペ公募趣旨

JR芦屋駅から阪神芦屋駅及び当該地区から旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)に至る芦屋川沿岸地区において、旧宮塚住宅や市民活動センター等の魅力資源を活用し、JR芦屋駅南地区の市街地再開発事業とあわせ、さらなる賑わいなどの新たな価値の創出を図ろうとしています。

現在、芦屋市役所公光分庁舎北館の2階にある市民活動センターは、平成31年1月に公光分庁舎北館1階から男女共同参画センターが移転することに伴い、同施設の全館を市民活動センターとしてリニューアルすることを予定しています。

これを機に施設をリノベーションして、市民及び市民活動団体のクリエイティブな活動を掘り起こし、地域のデザインや魅力発信を行なう新たな空間を創出するため、施設改修の事業者を募集します。

 

■計画案

*ワークショップについて

暮らしにプライオリティがある芦屋市では、暮らしに根付くスタイルでの魅力創出をすることが望ましく、そのために市民がワークショップによって意見を出しあい、市民活動センターのリノベーションプランを立てることを計画。

・ デザインはなぜ暮らしやまちにとって大事なのか ・ 暮らしや街を専門家でない市民が『デザインする』とはどういうことか ・ 暮らしや街を『デザイン』するためにはどういう視点が必要なのか ・ デザインという視点をもつと、自分や自分の暮らしにどんな変化が起こるのか ・ どんなサポートがあれば、市民がデザインに関われるようになるのか、等のディスカッションを予定。ワークショップは全6回。

 

*設計について

ワークショップを通し、自分たちの住むまちにとってデザインがいかに大切で楽しいものかを知ってもらうように、市民活動センター1階を『デザインセンター』としての活用を計画。2階にはシェアオフィス機能も検討。

(イメージ図)