垂水区 海を楽しみつくす分譲マンション


【リビングからのオーシャンビューは、ため息がもれるほど素晴らしい】

神戸市垂水区にある素晴らしいオーシャンビューの分譲マンション施工例を、インタビューとともにお届けします!
今回は施主のIさんご夫妻にお話を伺いました。


【左からフロッグハウス 笹倉、施主のIさんご夫妻】

フロッグハウス)物件の眺望の素晴らしさもさることながら、このロケーションを使いこなしているおふたりの暮らし方が素敵です。お引き渡しは2018年11月だったので、半年ちょっとしか経ってないとは思えないくらいです。

Iさん)海で出会った人たちは年齢も価値観も近い人が多かったため、すぐに仲良くなりました(笑)。海が好きでこのあたりに集まってきた人たちなので、長年連れ添った気の合う“同志”という感覚ですね。僕たちも、もともと須磨〜明石あたりの海には遊びに来ていて、海沿いを走る電車内からの眺めが最高なので海沿いのマンションを探し始めて…このマンションが空くのを待っていてよかったです。


【左のマンションが今回の物件。まさに海沿い】

【ベランダにはカヌー。分割式は部屋に持ち込みやすい】

【「あれ、Mチャンちゃうかな」窓から友人が海にいると知り、自らも海に行くことがあるそう】

【カヌーや散歩の際に海岸で拾ったシーグラス(波や砂で長年削られたガラス)で作ったアクセサリー】

工期の1ヶ月は一生に響く。

フ)実は、私たちも「海辺の物件をリノベーションしたい」とちょうど考えていたところで、こんな素敵な物件を担当させていただけると決まって嬉しくなったのを思い出しました。しかも、ただ当たり障りなくリフォームするだけではなくて、おふたりの様に明確な完成イメージを持ったオーナーさまと出会えて本当によかったです。

I)僕たちもフロッグハウスさんにお願いして本当に良かったなと思っています。僕たちの話をちゃんと聞いてくれて、小さな建具でもイメージを汲み取って丁寧に提案いただけて安心でした。大変だったと思うんですけど(笑)
リノベーションしてみて、「買ってから住むまでの時間」を大切にして本当に良かったと思いました。早く住み始めたくて工期を1〜2ヵ月で終わらせたくなるところを、ぐっと踏ん張って1ヵ月伸ばしてでも理想に近づけた方が絶対にいいですね。住んでからの方が長いですから。

フ)工事する側としては、とても嬉しい言葉です!私たちも同じ考え方で、計画期間や工期
の1ヵ月は一生に響いてくるため、安易に早く完成を目指すリノベーションはおすすめして
いません。スケジュールに余裕があると、職人さんたちもより丁寧に作業できるようにもな
ります。


【友人を招くのが好きなおふたり。「家の中に家をつくる」イメージでゲストルームを設けた】

【船のクリート(ロープの留め具)を造作建具のアクセントに】

【こちらは、船舶用の照明器具】

【お部屋の雰囲気に合わせた真鍮のトグルスイッチ】

【ベランダ用で水を使うために、リビングに蛇口を設置】

【肌触りのいいアカシアの床材。お客さんにも素足をおすすめしているそう】

マンション全体の価値も高める

I)実は最近、マンションの理事会に入りました。築37年のマンションですから、当初から住まれている方々は高齢になられていて、近年に引っ越してこられた方々との世代差があります。ただ、「海が大好き」という共通する価値観があるので、それを活かしたマンション全体のリノベーションにも理事として取り組んで行きたいと思っているところです。

フ)自分の部屋をリノベーションする感覚で、住人たちでマンション全体を理想の形に変えていくんですね。素晴らしい取り組みだと思います。引き続き、おふたりの海沿いの暮らし方を参考にさせていただきながら、マンションの今後も楽しみにしています。


【「旅行に行かなくなった」というのも納得のリゾート感】

インタビューを終えて

念願だった海沿い物件のリノベーションは、幸運にも最高のロケーションと施主さんに出会えて満足いく結果になりました。なによりも、施主さんが新しい暮らしを満喫されている様子を知れてうれしかったです。
あまりにも素晴らしいオーシャンビュー物件なので、「リノベ素材になる部屋が空いてたら自分用に買いたいかも…」と思い、取材後に別室の売り物件を見学しに行った笹倉でした。

【before/after写真はこちら】