メゾネット団地

froghouse/ 11月 16, 2011/ top, 代表ブログ

エアコンと建具の打ち合わせをして来ました。


今回改装中の「シェアハウス明舞団地」は神戸市垂水区・西区・明石市の境目近辺に立地し、私自身が14歳まで生まれ育った場所でもあります。

今回改装中の建売メゾネットタイプも以前住んでいた家と同タイプで、長短所は完全に熟知しています

今日はエアコンと建具の打ち合わせをして来ました。

エアコンの1F部分は前住人が付けていた場所に問題無く付きそうなのですが、問題はメゾネットの2階部分です。

前住人は南向き6畳間にしかエアコンを付けておらず、エアコン用の配線も一本しか来ていません。
うちもそうでしたが、室外機の配置上どうしても南向き6畳間にしか取り付け出来ないのが現状です。

そんな時、電気工事士の資格も持つ幼馴染の友人が一言・・
「階段の踊り場に付けたら?」

早速エアコンの取り付け業者に見て貰いました。

「無理ですわ~。壁を一部剥がさないと付けれません」
「逆に言うと壁を剥がせば付けれるん?じゃあこっちで剥がしますわ。」と食い下がる自分。

「こういう例はやった事ないんで・・エアコンの冷気が階段下に逃げて冷えへんかも。」
しかし、自分には「冷える」という確証がありました。

国内外のゲストハウス(旅行者宿泊型)のドミトリー(相部屋)を泊まり歩いた事があるのですが、エアコンが各部屋になくても、冷暖気は流れて来て充分に快適でした。

しかもこれには利点がもう一つ。

この「通気口?」はこのメゾネットタイプの団地独特の構造で、各6畳間に二個づつ付いています。

恐らくこれを見た事のないであろう入居希望者に、「これは何ですか?」っとこれから幾度となく聞かれるだろうなっと思っていました

でもこれで大丈夫

「これはエアコンの通気口です!」っと自信を持って答えれます

エアコンも「シェア」して貰う方向で進めたいと思っています。

建具の方はトイレ・風呂・各部屋に鍵を付ける方向で以前から付き合いのある建具屋さんに見積もりをお願いしました。

プライバシーとシェアの線引きは難しいところですが、ここにしかないオモシロイもんを作って行きたいと思っています