明けましておめでとうございます!

froghouse/ 1月 1, 2019/ top, 代表ブログ

新年明けましておめでとうございます!

元旦らしく、「2019年これをやり遂げたい!」っという事を順不同で列挙させて頂きました。

 

【空室再生コーディネートのブラッシュアップ】

昨年末、賃貸住宅のリノベで「リノベ工事期間中に入居者決定」という快挙がありました。その後ネットで掲載されて「今回の物件は入居者が決まってしまったけど、入居の申し込みが入れば別の空室もリノベしますよ」という記事がアップされるや否や・・

一躍、関西の賃貸物件人気ランキング1位に!

その後24時間で入居の申し込みが3件入って募集打ち止めという事態に・・

これぞまさに「嬉しい悲鳴」。予想を上回る大反響でした!

「工事前に入居者が決まってる」という事はオーナーサイドにとってもリスクは少なく、入居者もちょっとしたテイストや内装の希望も叶うので両者にとって「お得」な状態です。

2019年はここを更に掘り下げて、「空室再生」のスキームのブラッシュアップして行ければと思います!

 

【行政・公社連携企画の結果お披露目】

芦屋市で進めている芦屋市公光庁舎リノベーション。

2018年9月から市民の皆さんとワークショップを重ねて来ましたが、ついに2019年1月下旬着工となります。

兵庫県住宅供給公社と協働している「明舞リノベ学校」もいよいよ大詰め。

自主企画となる「団地カエルin明舞」も、現在団地管理組合と協議を重ねながらリノベーションプランを練っています。

行政案件でありがちなのが、「構想や企画を出す(ワークショップ)まで」というのが多いように思いますが、フロッグハウスはそのまま設計→施工へと移って行きます。

「プランや要望を吸い上げる→予算内で図面に落とし込む→施工する」

公共施設や団地でもその役割が求められているように感じています。H31年4月にはその成果となるリノベーションがお披露目出来ると思いますのでお楽しみに!

 

【今年もやります!おうちリノベ】

海沿いマンションのリノベーションや・・

自然素材にこだわったリノベーション。

2018年もたくさん個人の施主さんからご依頼の物件を設計施工で携わらせて頂きました!

何が嬉しいかと言うと、引渡しなどの時「今度、家でお披露目会するので来て下さいね!」っとか、「次は、仕事抜きで飲みましょうね!」っとお声掛け頂けるという事。

この仕事をやってて良かったなぁ・・っとつくづく思うのでした。

そんな実績を提げて・・2019年はリノベ界のM-1「Renovation of the year 2019」にフロッグハウスもエントリーします!

出るからには、狙うぞグランプリ!

【不動産事業着手へ】

今現在でもリノベ物件探しやローン付け、購入前の物件調査などはお手伝いさせて頂いてるのですが・・

これはもう、不動産免許を取得した方が良いかな?という実感を得ています。

下記が現在のフロッグハウスの「おうちリノベ」ですが、これに「不動産」というピースが求められているのかなと。

リノベ検討中のお客さんは、「不動産物件探しからお付き合いする設計施工の工務店」を求めていると、現場の肌感覚で感じるようになりました。

なので不動産免許所得の大前提「宅地建物取引士」の資格を、今年は私が獲りに行きます!

10月の試験に向けて、年明けから学校に通いながら勉強します。

ここに書くのは、退路を絶って勉強する為!

【個人的には「棚卸し休暇」頂戴します】

フロッグハウスを創業してからもちょこちょこ旅行は行かせて頂いておりまして・・

2012年 フランス〜イタリア〜上海

2013年 ネパール

2015年 ハワイ

2〜3週間の休暇を取って行ってきました。

「現場や仕事から離れて自分自身を棚卸ししたら、帰国後加速する」という法則を信じておりまして、2019年は3週間程度お休みを頂戴して旅に出れれば・・っと考えています。

そんなこんなですが・・

業務拡大に伴い、職人さん・スタッフがやや不足気味です。

「クローゼットがコロコロ動いて、収納力だけではなく間取り変更なんかにもフレキシブルに使えるやつ」と言う夢想にも近い構想を、実際に図面に落とし込んで、作り上げてくれて、それをオモシロいと思ってくれる人達に、今年も出逢えたらええなぁ・・

※オリジナル商品「コローZ(コローゼット)」開発中の図。

他にもオモシロい案件や相談を着手中。

2019年もブログで逐一ご報告出来ればと思います。

本年もフロッグハウスを宜しくお願いします!!