2015年7月 朝日新聞掲載

froghouse/ 7月 30, 2015

「若者おいで 団地再生」に掲載されました。 団地から見た夕日、公園の遊具、子供たちが遊ぶ数十年前の写真・・・。「明舞団地フェイスブック」には、「懐かしいですね」「ジーンときました」などコメントが並ぶ。写真を投稿しているのは、県住宅政策課の職員ら3人。3年前の春から始めた。 フェイスブックには、新しくなった商業施設やエレベーター付きに建て替えられた高層住宅の紹介記事も載る。 「かってこの街で少年少女時代を過ごした方々が、『もう一度住もうか』と思ってくれたら」。同課の谷川順彦主幹(43)は語る。 県は2003年度から明舞団地の再生事業を展開。NPO活動を誘致したり、住民から街づくりの意見を募ったりしたほか、周辺の県立大や神戸学院大などとも連携。09年には団地内の空き店舗を使い、ゼミ活動などの拠点「明舞まちなかラボ」を開設した。 4年前からは「学生シェアハウス」事業を続ける。自治会活動への参加などを条件に、県営住宅の空き家を提供。現在10人の学生が暮らす。家賃は月1万400円〜2万5千円で、単身でも複数でも入居できる。9月にはさらに数人が加わる予定だ。 団地生活3年目の県立大大学院生、尾崎斉

Read More