おうちリノベ

“ニュー工務店”の確立
規格住宅を大量に供給する時代、設計事務所と工務店がわかれていて、営業・設計・施工管理・インテリアプランナーなど、たくさんの業種が介入することが効率が良かったかもしれません。
しかし、リノベーションの現場においてそれは非効率。200〜1000万円のリノベーション工事をするには、自らが職域を超えて設計と施工を一貫で行い、お客様とともに作り上げて行く。ときにワークショップなどで一緒に作り上げて行く。そんな新しい建築のカタチ“ニュー工務店”を確立し、みなさんとおうちリノベを行います。


 

出典:「かえる。くらし。すまい。」リノベーション住宅推進協議会HP